インプラント implant

インプラント治療とは何か

インプラント治療とは、虫歯や歯周病、歯の破折などによって歯を失った部分に人工歯根を入れて補う治療です。失くした歯を補う治療の選択肢として他にブリッジ、入れ歯がありますが、それらと比べて機能性・審美性ともに最も優れている治療だと言われています。

インプラントのメリット、デメリット

メリット ブリッジや入れ歯と比べ、周囲の歯に負荷をかけたり削る必要がなく、高い咀嚼能率の歯を補うことができる。
デメリット 保険適用外のため、治療費が高額で治療期間が長い。

当院のインプラント治療

歯茎を切り開かないインプラント治療

インプラント治療は歯茎を切開する外科的治療が必要になりますので、歯を補う治療の中で最も優れた治療と言われていても、治療を決断するハードルが高くなりがちです。当院ではフラップレス手術という、歯茎の切開をしなくてもインプラント治療を可能にする治療法に対応しています。歯茎を切らないので、外科手術に対する恐怖心が強い方にも安心して治療を受けていただけます。フラップレス手術のメリットは、一般的なインプラント手術よりも短い時間で、出血・痛み・腫れを少なくした治療ができることです。

「うとうとしながら」「あっという間に」治療を終えることもできます

通常、インプラント手術は局所麻酔をするため痛みを感じることはほとんどありません。しかし歯科治療に対する恐怖心を感じられる方は多くいらっしゃいますので、ご希望の方は静脈内鎮静法という麻酔によって、恐怖心や緊張感を払拭していただくことができます。全身麻酔とは違って意識はあるのですが、「うとうとしていて気がついたら治療が終わっていた」というようなとてもリラックスした状態で治療をお受けいただけます。